スポンサードリンク

本田圭佑の移籍先はウェストハムか?古巣復帰の可能性もある

本田圭佑がACミランに移籍して丸2年が経とうとしている。1年目のシーズンは最初こそ調子を上がることができなかったが、徐々にチームメイトとの関係も良くなり本田自身の調子も良くなっていき、ファンや地元紙からも高評価を得ることができた。

2年目に突入しても本田圭佑のアグレッシブさは増すばかりで、フリーキックのボールを離さなかったり、チームメイトに喝を入れることもあった。日本人の感覚だけで言えば「自分のことを主張しすぎる選手」と捉えられがちだが、海外では当たり前のことであり、必要なことでもある。

大谷翔平のメジャー挑戦は2019年!?162キロの怪物の将来

2013年から日本プロ野球選手として活躍している大谷翔平投手。身長193センチ、体重90キロと日本人離れした体格をもっており、その巨体から投げられるストレートは日本最高速度の162キロを記録しています。※その前は佐藤由規投手の161キロ

そんな大谷翔平投手ですが、日本ハムに入団する前は「日本プロ野球を経由せずメジャーへ挑戦する」と語っており、メジャーからも数チームからオファーがあったそうです。しかし、日ハム関係者からの打診を受け、結局日本プロ野球界を選んだんですね。

ここで一つの疑問というか、興味が沸いてきますよね?

そうです。『大谷翔平はいつメジャーへ行くのか?』

フットサル|簡単にボールをキープする方法!この3つで相手の足が止まる

フットサルはサッカーよりも気軽にできますし、室内ですので日焼けなんかも気にせず女性にも人気が出てきています。そんなフットサルですが、コートが通常のサッカーに比べるとだいぶ狭く、すぐに相手から詰められてボール取られたりしますよね。しかもボールが少し小さいのでコントロールも難しい・・・

フットサルはボールキープできないと攻撃の選択肢が少なくなってしまいますので、練習するんだったらまずキープの練習をしましょう。
 

本田圭祐が放出!移籍先はエヴァートンが最有力!?ミランとの決別

ミランへ移籍してからは周囲を巻きこむような発言が少なくなっていた本田圭祐だが、ミランの不振が続いてる今になって本田特有の”物言い”が解禁された。その発言は他の選手や首脳陣、クラブ経営者に向けられ、その内容は「クラブ不振の原因は経営者にある」と遠回しに言っているようだった。
 

斎藤佑樹はなぜクビにならない?引退後は実業家として実力を発揮する

日本ハムに所属しているハンカチ王子こと斎藤佑樹投手だが、振り返ると今年でもう6年目を迎える選手になっている。入団当初は話題性にあふれ、なにかと注目を浴びる選手ではあったが、蓋を開けてみればとんだ「レベルの低い選手」だった。っと思う人も多いはず。確かに今まで注目されていた選手でもあり、話題性にあふれた選手ではあったが、冷静に斎藤佑樹という投手を見てみると最初から「才能ある投手」とは言えない選手だった。

続きを読む >>
スポンサードリンク