スポンサードリンク

マイケル・ジョーダンが今のNBAにいたらどうなっていた?M.Jのスパープレイ動画付

マイケル・ジョーダンはNBAの歴史の中で特に特別な存在である事は間違いない。現在のNBAのトッププレイヤー達もマイケル・ジョーダンに憧れてNBAを目指した者が多くいる。

マイケル・ジョーダンの対空時間が凄い!動画付でダンクベスト10を紹介!

マイケル・ジョーダンといえば脅威的なジャンプ力で豪快且つ華麗なダンクをするプレイヤーで、歴代NBAの中でもこれほど印象に残るダンクをするプレイヤーは少ないと思います。

マイケル・ジョーダンとコービー・ブライアントを比較|二人の決定的な違い

現在36歳になるコービー・ブライアントだが、近年ではNBAタイトルから大きく道を外しており、自身の怪我や体力面といった、選手としての質が落ちている事をコービー自身も語っており、自覚している。レブロン・ジェームスがヒートに移籍し、NBAを連覇したことにより、さらにコービー・ブライアントの存在感とゆうのは以前に比べるとかなり落ち込んでいるのが現状だ。

デリック・ローズが左膝の怪我で再び離脱か?悲運の天才にふりかかる引退とゆう文字

NBAのシカゴブルズに所属しているデリック・ローズが再び左膝の怪我でチームから離脱する恐れが出てきている。現地10日のミルウォーキー・バックス戦に出場する予定であったデリック・ローズだが、9日に膝の違和感を訴え、バックス戦は欠場することとなった。ヘッドコーチであるトム・ティボドーは「精密検査の必要があるかもしれない」と話しており、診断結果次第では再び長期の欠場になる可能性が高くなる。

マイケルジョーダンVSレブロンジェームス|どっちが凄いか成績を比較しながら徹底検証!!

今や現役NBAプレイヤーの代表格となったレブロンジェームス。悲願であったNBAタイトルを12〜13シーズンで成し遂げ、翌年のシーズンも圧倒的な存在感を示しNBA連覇を成し遂げ、名実ともにNBA最高峰プレイヤーを確実なものにした。13〜14シーズンではNBAの歴史に名を刻むスリーピートに挑戦するが、対戦チームであるサンアントニオ・スパーズのチームプレーがレブロン・ジェームスの活躍を抑え、惜しくもスリーピートは夢となってしまった。

バスケの本場アメリカで学んだジャンプシュートのコツ|日本の指導者は間違っている!

私自身バスケットボールは幼い頃からクラブチームに入り、社会人である今でもプレーしているのだが、高校を卒業して社会人を2年経験したあとに、単身アメリカへ渡った。幼い頃から夢であったNBAを見に行くためだ。
英語があまり達者ではない私ではあるが、友人の紹介で出会ったアメリカ人留学生の協力もあり、2年間アメリカのロサンゼルスで生活していたのだが、もちろんNBAを見に行くだけでは2年間も滞在しない。
「NBAを生で観戦したいとゆう」とゆう夢を実現しにいったことは間違いないのだが、実はもう一つの目的があった。

あなたのバスケ練習法は間違っている?アメリカで培った試合に勝つ為の正しい練習法を公開

今回はバスケの練習法を記事にしていきます。私自身、小学校〜高校まで練習に励み、19歳で単身アメリカに行きストリートバスケや、知人の紹介でノースカロライナ大学のバスケットチームの練習を見学したり、コーチともバスケに関してお話をしてきました。

バスケ/1ON1で絶対に負けない3つのテクニック&練習法を大公開

今回は、バスケでの1ON1で絶対に負けないテクニックと、その練習法を詳しく公開します。きっと、この記事を読み終わったら、確実に1on1(もしくは、オフェンス)の考え方が変わってしまっているのではないでしょうか。ではまず、質問します。

マイケルジョーダンのシュートフォームの特徴を徹底解析

今回はマイケルジョーダンのシュートフォームを徹底解析しようと思います。

続きを読む >>
スポンサードリンク
1