スポンサードリンク

香川真司|今後の移籍先はどこだ?日本に復帰する可能性

現在ドルトムントで指揮をとっているクロップ監督が今季限りで退団することが決定しました。クロップ監督といえば、香川真司を高く評価している一人であり、マンチェスター・ユナイテットで出場回数が激減した際は「おまえの居場所はドルトムントだ」とラブコールを送っていました。

そのクロップ監督が退団するとあって、ある意味特別扱いされていた香川真司は今後ドルトムントを去ることになる可能性が極めて高いでしょう。

今後の移籍先は?

噂ではアーセナルやミランに移籍するのでは?と囁かれていますが、現在の香川真司のプレーでは海外クラブへ移籍しても控え選手になる可能性が十分考えられます。マンチェスター・ユナイテッドを去る時も、出場機会が少なくなり、試合勘が鈍ってしまい、いざ試合に出場しても実力の半分も出せていない状態であった為、香川真司は出場機会が増えるであろうドルトムントに移籍したのが現状です。

では、香川真司にとって一番良い移籍先はどこなのか?

Jリーグのガンバ大阪に復帰

香川真司のパフォーマンスの低下は明らかなのですが、これから調子を上げていくのは少し考えにくいのではないでしょうか。現在の香川真司は「本来の香川ではない」と言われていますが、不調と言われ始めてどれくらいの月日が経ったでしょう。いくらマンチェスター・ユナイテッドで出場回数が減って試合勘が鈍ったとしても、これほどまでに不調が続くのは選手としては問題です。

これは個人的な意見ではありますが、香川真司は海外でレギュラーを取れるほどの選手ではなくなったように思えます。自分の実力以上のクラブチームへ行けば、スタメンからも外されるでしょうし、また試合感覚が遠のいてしまう可能性があるでしょう。

そういった最悪の状況を回避するには、Jリーグへ復帰するしか道はないのではないでしょうか。最近になって香川真司が徐々に活躍し始めていますが、「好調」だった時期に比べ、「不調」だった期間の方が長い為、海外のクラブチームは香川真司には興味を示さないでしょう。

ですが、Jリーグであれば香川真司への期待は膨らむでしょうし、もしかしたら好調だったあの頃以上のパフォーマンスが出来るようになるかもしれません。

香川真司の移籍は今夏にはハッキリする見通しですので、今後の香川真司には色々な意味で注目です。

スポンサードリンク
トラックバック
この記事のトラックバックURL