スポンサードリンク

3万円以内のクロスバイクをネット通販で買うなら?一押しランキング

数年前からクロスバイクやロードバイクといったスポーツサイクルが流行していますが、値段が高かったり、安くても性能が低かったりと、買い手にとっては悩ましいところが多かったですよね。しかし、最近ではコストパフォーマンスが良いスポーツサイクルが増え、3万円以下のクロスバイクやロードバイクでも十分に走れるものが多くなってきました。

そこで、3万円以下でもスタイルが良く、走行性が高い自転車を紹介していきます。私自身も数年前からクロスバイクやロードバイクを数代購入していますので、実際に買って良かったものも紹介していきます。

アサヒサイクル「ウィークエンドバイクス」

まず紹介するのはアサヒサイクルの「ウィークエンドバイクス」です。

このクロスバイクはアサヒが独自開発したクロスバイクで、価格も29.980円とお手頃価格になっています。フレームはアルミ素材で出来ており、車体重量は11キロと比較的軽めに出来ています。クロスバイクで11キロとゆうのは、決して重たい方ではなく、持った感じは「かるっ!!」っと普通に思えるくらいです。

タイヤは700C×32Cとなっていますが、700はタイヤホイールのサイズで30Cはタイヤの幅を指しています。700とゆうサイズはママチャリよりも大きいサイズで、クロスバイクやロードバイクでは標準的なサイズになっています。32Cのタイヤ幅は比較的太目ではありますが、ママチャリよりは細く、路面との摩擦抵抗が少ないようになっています。

街中や、自宅周辺を走行するのなら32C幅でもまったく問題ありません。(逆に32Cの方が走りやすい時もあります。)

変速機はシマノの7段変速機を採用しています。ロードバイクの変速機は20段以上の変速機が採用されていますが、はっきり言って7段で十分です。7段変速機でも平坦な道で全力で漕ぐと30キロから40キロは余裕で出ますので、かなり爽快に走行することができます。

LIG(リグ)700C 7段変速機

次に紹介するのは、LIG(リグ)とゆうクロスバイクです。ネットの相場は大体25.500円くらいです。このクロスバイクはリムの幅が少し厚くなっていて「スポーツサイクル!!」って感じなタイヤホイールになっています。

このクロスバイクのフレームサイズは少し小さめになっていますが、170兪宛紊諒なら十分乗れるサイズになっています。重量も12キロと比較的軽く、軽快な走行が出来ます。

このクロスバイクの一番良いところはデザインだと思います。ブラックをベースにして、ポイントにはゴールドを使用しているので目立ち過ぎず、地味過ぎずと言ったところでしょうか。(人によっては若干派手かな??)

LIGはクロスバイクとロードバイクがあるので、ドロップハンドルに興味がある方はロードバイクを検討されてはいかがでしょうか。

LIG(リグ) 700Cクロスバイク シマノ7段変速[サムシフター] 前輪クイックリリース 前後キャリパーブレーキ LIG MOVE ブラック

piedi ディープリム700

このクロスバイクはなんといってもコスパの高さ。ネットの相場は17.000円とかなり安いクロスバイクになっています。フレームは変形フレームを採用しており、ホイールもディープリムなので、デザインはかなりオシャレになっています。

「こんなに安い自転車大丈夫なの?」っと思うかもしれませんが、私の弟がこれを購入し、1年以上経つのですが、なんら故障もなく普通に通勤や遊びに行く時に乗っています。(パンクを一度したくらいだそうです)

本当に通勤や、遊びに行く程度でしたら、このクロスバイクは当たりだと思います。変形フレームなので、そこらへんにあるクロスバイクとは一味違いますし、ディープリムってところもなかなかオシャレですね。

クロスバイク 700c 自転車 変形フレーム CCR7006CT ブラック Piedi ディープリム

グランディール21段変速機 ロードバイク

次はロードバイクです。このロードバイクは21段変速機付きで、フレームサイズが520と少し大きめになっています。大体170僉180僂泙任凌佑対象です。そしてこのロードバイクの良いところ・・・・っとゆうか凄いところは価格・・・・なんと・・・・20.000円で購入できてしまいます。

私自身この価格にはかなりビックリしてしまい、どうしても試乗したくて色々な自転車屋さんに問い合わせたところ、車でギリギリいける県外に行って試乗してきました。

感想を一言で言うと・・・値段以上ではあるが、”ロードバイク”とは言えない代物でした。ですが、カスタム次第では化けるかもしれないロードバイクです。っとゆうことで、このロードバイクを検討するなら、「自分で少し自転車をカスタムしてみたい」「将来的にはカスタムできるようになりたい」といった考えをもっている人向けになります。

ですが、普通に走行する分はなんら問題もありません。ですが、あなたが想像しているロードバイクを前提にして購入するとガッカリします。逆に「1年持てばいいや」「ちょっとロードに乗ってみたい」っていう人には、以外と良いロードバイクだと思います。

Grandir(グランディール) 700Cロードバイク シマノ21段変速[サムシフター] 2WAYブレーキシステム搭載 フレームサイズ520 Grandir Sensitive ブラック[520]

まとめ

「クロスバイクやロードバイクがどんなものか知りたい」「興味はあるけど使わなくなったら勿体ない」「通勤や通学にしか使わない」などといった、『自転車を趣味にしよう!!』っと思っていない方は、これまで紹介したスポーツサイクルでかなり満足すると思います。

もし、スポーツサイクルにハマってしまったら買い直すのではなく、そのバイクをカスタマイズすれば、自転車の知識も得ることもできますし、買った時以上の自転車になるかもしれませんので、どちらにしても最初は3万円以内の自転車を選ぶのが無難だと思います。

私自身も最初は2万円台の自転車だったのですが、今でもその自転車は乗っていますし、カスタマイズもしています。なんだかんだ自転車は修理したり、カスタマイズするのが楽しくなってきますので、最初から高い自転車を買うよりも、手頃なスポーツサイクルを検討するのが良いと思いますよ。

スポンサードリンク
関連する記事
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL