スポンサードリンク

野球|コントロール倍増!?必ず上達するバッティングのコツ|

つい先日、鹿児島実業の元野球部であり、甲子園にも出場した経験がある友人に会うことができ、色々と話をしているうちに野球のバッティングについて話が盛り上がったので、そこで得た情報をここに移していきたいと思います。

その友人はプロ野球に携わる仕事をしており、バッティングに関してはかなりの知識と実力があったので、もしバッティングが苦手な人や、打率を上げたいと思っている人には嬉しい情報だと思います。

バッティングの基本

ではまず、バッティングの基本から紹介していきます。バッティングの基本は教える人によって多少違ってくると思いますが、ここではその友人の基本でお話しします。

まずバッティングで必要な事は”重心”という事。バッティングする時、少し反動を付けるために少し後ろに体重移動しますよね?バッティングが上手くない人はその反動で、最初に構えた位置より前に出過ぎてしまうんです。ということは、バットを振るタイミングが早くなるということですよね。そのタイミングの誤差が「振り遅れ」や「ファール」とかに繋がってしまうんです。

そして、重心が前にいきすぎると、パワーが分散されてしまい、しっかりとバットにパワーを伝えることができなくなってしまいます。なので、右足にはしっかりと重心を乗せたままスイングすることが大切になってきます。

バッティングを上達させるコツ

ここから本題ですが、「バッティングは下半身で打つ」っと言われていますよね?ですが、下半身だけではバットをコントロールすることは出来ませんし、下半身だけではヘッドスピードを上げることはできません。

手首の返しを使うとヘッドスピードとヘッドコントロールが倍増する

あまり手首の返しを意識していない人は手首の返しを意識してみましょう。手首を返すことによってヘッドスピードはかなり向上し、ヘッドコントロールも向上します。

その理由は遠心力にあります。腰だけでスイングしてしまうとタメが作れず効率の良い遠心力を得ることができなくなります。バットを鞭のようにしならせるには手首の返しが必要なんです。

手首を返すことによってヘッドを急激に腕の延長上にいかせることができ、そして腕の延長上にしっかりバットを持ってこれるようになります。腰だけの回転だと、腕とバットは一直線にならず、どうしても誤差が生まれるのですが、手首を返すことにより、その誤差を完全に埋めてくれるんです。

手首の返し方

「手首を返す」っといってもただ単に手首を返しても正確にはバットをコントロールすることはできません。手首を返す時は「左肘を内側に回し込む」といったイメージを持つと手首にも負担がかからず、急激にバットを腕の延長上に移動させることができます。

左肘を内側に回し込むことによって重心が保たれるようになり、フォームもキレイに矯正され安定したバッティングができるようになります。

スポンサードリンク
トラックバック
この記事のトラックバックURL