スポンサードリンク

フットサル|簡単にボールをキープする方法!この3つで相手の足が止まる

フットサルはサッカーよりも気軽にできますし、室内ですので日焼けなんかも気にせず女性にも人気が出てきています。そんなフットサルですが、コートが通常のサッカーに比べるとだいぶ狭く、すぐに相手から詰められてボール取られたりしますよね。しかもボールが少し小さいのでコントロールも難しい・・・

フットサルはボールキープできないと攻撃の選択肢が少なくなってしまいますので、練習するんだったらまずキープの練習をしましょう。
 

ボールをキープする方法

まず、ボールをキープする技術として3つの方法があります。
  1. 体を壁にする
  2. パスフェイント
  3. 左右のフェイト
他にも色々ありますが、初心者でも簡単にできるキープはこの3つです。
 

体を壁にしてキープする

初心者の方はボールが自分のところへ回ってくると、体の前でボールを止めて、そのままキープしてしまいます。このままだとボールを簡単に取られてしまいますよね?

なので、ボールは体の後でキープしましょう。

そのためには、相手に背中を見せる感じでボールをキープしましょう。言葉ではわかりにくいと思うので画像を載せます。

このように、背中で相手を背負う感じですね。背中を向けなくても、半身状態でもかまいません。半身の方が相手の動きを読みやすいですし、次の行動にも移しやすいです。

パスフェイントは以外と有効

ボールをキープするということは、相手にボールを取られないようにするという事ですよね?そして、取られないようにするには相手の足を止めてやればいいんです。

そこで登場するのが『パスフェイント』です。ただパスすると見せかけて足の裏でボールを止める動作。簡単ですよね。これって以外とフットサルでは使えるキープ技なんです。

パスを出そうとすると相手は必ず足が止まります。そのパスフェイントを連続することによってボールをキープするんです。「それだけじゃボール取られちゃうでしょ」っと思うかもしれませんが、これが以外と取られませんし、後のパスにもそのフェイントが相手の頭に残ってますのでパスが通りやすくなったりします。

騙されたと思って一度試してみてください。

左右のフェイントは腰がポイント

ボールを跨いで左右にフェイントするのは以外と難しいですよね。ですが、ボールを跨がないとフェイントにリアリティが足りなくなってしまいます。

では、ボールを跨がなくてもリアリティを出すには?

それは『腰』です。人間は腰が向いている方向に動くというのがあります。これはディフェンスをしている相手も自然とそう認識しています。なので、左右のフェイントをするときは『足』と『腰』でフェイントをかけましょう。

そうすると左右の動きにリアリティが出て相手の足を止まらせることができます。

スポンサードリンク
関連する記事
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL