スポンサードリンク

イチロー引退時期は?もしかすると日本プロ野球に復帰の可能性も・・・・

現在ヤンキースに所属しているイチローだが、毎年移籍の話しが持ち上がっている。イチローといえば日本球界での人気が高く、当時「一本足打法」のバッティングスタイルで世間を賑わせ、私達も良くマネをしたものだ。

日米通算4000本安打は記憶に新しい功績で、史上3人目で日本人としては初となる快挙を成し遂げるなど、年齢を感じさせないプレーは私達の期待をもっと大きくしてしまう。

だがなぜヤンキースからの移籍が毎年持ち上がっているのか? その原因としては、好不調の波が激しくなってきている為であり、マリナーズ時代の安定したプレーが難しくなってきているからだ。 しかし、それは当たり前の事かもしれない。

現在イチローの年齢は41歳と、現役選手としては高齢の部類に入っていて、イチロー自身がイメージしているプレーと、イチロー自身の身体に少しながらズレが生じはじめているのではないだろうか。

野球選手の寿命は他のスポーツと比べれば比較的長いのだが、やはり40歳を境に引退していく選手は数多くいる。その中にイチローも例外ではなく入っているだろう。 ヤンキースに入ってからは、マリナーズ時代の様に特別扱いはされておらず、完璧に実力でのレギュラー争いになっている為、調子が悪ければ試合にも使って貰えないのは当たり前ではあるが、やはり好調のイチローは他の外野手を圧倒出来るほどの実力を秘めている。

ではここで本題に入ろうと思うのだが、イチローはいつ引退するのか、そしてヤンキースからの移籍はあるのか?最後に日本球界の復帰の可能性はあるのか? この答えを紐解くのはイチロー自身の性格が非常に関わってきている。まずは、ヤンキースからの移籍だが、私自身ヤンキースからの移籍は0%に近いと思っている。 もし仮にヤンキースからの放出が決まればイチローは「引退」を表明するだろう。 ではなぜ、そうなってしまうのか?それは彼の「完璧主義者」な性格に答えがある。

彼は私生活や、野球に対して神経質な面がありそれゆえに「完璧主義者」になってしまっている。マリナーズからの移籍は、マリナーズの「チーム若返り」の為に放出されたが、結果的にはヤンキースとゆうビックチームに移籍した。これはイチローにとって大きなステップアップであり、本当の意味で自分の実力を証明出来るチームに入れた事になる。

完璧主義者のイチローにとっては大きなメリットがあったに違いない。しかし、そんなヤンキースから移籍となると、次はどこにステップアップするのか? 40歳で次にまたビックチームへの移籍は考えられない。 ヤンキースからの放出=「引退」と考えるのは妥当ではなかろうか。 現に試合での打率も低迷し、出場回数も減ってきている中、イチローを獲得しにくるチームはマイナーチームくらいなものではなかろうか。

しかし、イチロー自身「無冠の帝王」。すなわちタイトルを取った事のないスター選手なので、タイトルへの想いも強いはず、そこでマイナーチームへの移籍は考えられない。 こういった背景から、もしヤンキースがイチローを放出するのであれば、その時は「引退」とゆう道が出てくるのかもしれない。

しかし、私達日本人ファンにとっては、もう一度イチローを日本プロ野球界で見てみたい。 イチロー日本球団復帰だ。 これに関しては以外と可能性としては0ではないような気がする。 しかし、もしイチローが日本球界に復帰するには、問題はイチロー自身ではなく、日本球界のあり方が問題になってきていると考える。イチロー選手は「完璧主義者」っと先ほど言ったように、イチローは自分のキャリアを明確にし、自分が成長出来る場所を探してしる。

しかし、その場所が日本球界にはあるかとゆうと、現在では欠けていると思う。 ではどこが欠けているのか?日本メディアではあまり見られないが、メジャーリーグの選手達は「勝ちたい」っとゆう気持ちがハンパなくあり、その気持ちがプレーにも出ている。しかし、日本球界のはその「勝ちたい」とゆう勝ちへのこだわりが少し欠けているのだ。 もし、現在の日本球界がもっとシビアで熱くなれる場所になればイチローが日本球界に復帰する可能性はグッと上がるだろう。しかし、イチローファンならずとも、もう一度日本とゆう場所でイチローの輝かしいプレーもこの目で見たいものである。

スポンサードリンク