スポンサードリンク

斎藤佑樹が戦力外に?プロに通用しない理由はなにか徹底分析

斎藤佑樹選手がプロ野球界に入って、もう3年が経とうとしている。

だが、成績は言わずともわかる最悪な結果しか残していない。 ではなぜ、こうも斎藤選手はプロで活躍できないのか分析してみた。

まずは、大学に進学した事が失敗だったのではなかろうか。当時の斎藤選手は大学では通用するが、プロでは通用しない中途半端な実力者であった。 そんな中途半端な実力者が、大学に進んで良い選手になるだろうか? 中途半端な選手だからこそ、プロに行き、プロの指導の下、成長していけばこのような結果にならなかったのではないだろうか。

そして、一番の理由は、周囲の人が斎藤選手を上げ過ぎていた為に、斎藤選手も自分を理解できていなかったのでないか。 当時アイドル的な存在になってしまっている斎藤選手は、人気だけが先行して、周囲の人は肝心の実力を本当の意味で見ていなかった、これこそが斎藤選手がプロに通用しない理由、とゆうか、周囲の人が通用しなくさせてしまったのだ。

しかし、ここ最近では1軍復帰など、多少の活躍を見せてはいたが、すぐに2軍落ち。 普通の選手ならば2年目で戦力外になっていもおかしくない。 でも以前の斎藤選手の印象と、周囲からの影響で戦力外にななっていない。しかし、来年にはその答えが出そうだ。私の友人が日本ハムの関係者で斎藤選手の事は多少の情報が耳に入ってくる。

その内容は、斎藤選手がこのままの状態が続くと、いくら日本ハムといえども、斎藤選手をこのまま置いておく訳にはいけないと話している。言葉を多少濁してはいたが、来年の斎藤選手の出来次第では、戦力外になる可能性が極めて強い。 しかし、甲子園で田中投手との激戦を繰り広げた斎藤選手には、どうしても頑張って良い結果を残してほしいものだ。

スポンサードリンク