スポンサードリンク

秋山監督の妻で秋山千晶さんが死去/原因は2011年から闘病していた脳による病気か?

ソフトバンクホークスの前監督である秋山幸二氏の妻、秋山千晶さんが死去された事が12月10日にわかった。

秋山前監督は2014年11月に日本シリーズ優勝を飾り、華々しい最後の監督生活であったが、一方では妻である秋山千晶さんが2011年から脳の病気で闘病生活を送っていた。秋山前監督は2009年から王監督の後任として監督に就任し、2011年と2014年にはチームを日本シリーズ優勝を成し遂げている。

しかし、監督としてのプレッシャーや妻の病気のことがあり、最近ではよく睡眠薬を服用していたとゆう。また今季限りで監督を退く理由も、妻の千晶さんの容体が良くない為に辞任した可能性が高い。千晶夫人の正式な病名は明かされていなかいが、2011年に報道された脳の病気が原因とされていて癌だったのではないかと噂されている。

秋山千晶

千晶夫人は秋山前監督の友人とも親交が深く、奥さんを早くに亡くした友人の子供の世話などよくしていたそうで、秋山前監督と同じように千晶夫人の人望も厚かった。

秋山幸二

秋山前監督は過去にも実の姉を白血病で亡くしており、次に長男である子供も亡くしている。長男の死因は伏せられたままで色々な噂はたっているが、病死である情報が多くある。秋山幸二といえば、性格も明るく、現役時代にはホームランを打った際にはバク転でホームベースに戻るなど、ギャラリーを楽しませ、ユーモアに溢れた選手だったが影では、もっとも身近な存在を若くして3人も亡くしている事を知るとその気丈さがうかがえる。今後また何らかの形で日本野球界に元気な姿で戻ってくる事を心から期待しつつ、夫人である秋山千晶さんに心からお悔やみ申し上げます。

スポンサードリンク
トラックバック
この記事のトラックバックURL